警察事務専門学校おすすめ

警察事務の専門学校比較・評判・口コミ評価

警察事務の専門学校比較ランキングを掲載しているページです。高卒・短大卒・大卒程度の警察事務採用試験に強い予備校・専門学校に厳選していますので、まずは気軽にそれぞれのスクールを比較してみてください。警察事務試験の専門学校で評判・口コミ評価の高いスクール厳選集は下記のコーナーでご覧ください。

 

警察事務採用試験について

 

警察事務試験は都道府県単位で実施されているので、例えば神奈川県職員の警察事務区分などになります。東京都の場合は警視庁職員採用試験になります。警察事務は警察官とは違い仕事内容の中で体力を使う場面は比較的少ないのが特徴的です。警察施設の管理、支出・収入、文書、給与・福利厚生など庶務的な仕事が一般的です。大体の自治体は高卒程度・短大卒程度の試験が実地されていて、いくつかの自治体で大卒程度の採用試験が実地されています。一般的に短大卒程度の採用試験に合格した職員が将来の幹部候補生になるケースが多いようです。

 

警察事務の給料・年収・賞与(ボーナス)

 

警察事務のお金の話について紹介しますね。実は県庁職員の行政職採用の試験難易度と比較するとはるかに易しい採用試験と言われている警察事務ですが、採用が決まれば給料・年収については同水準になります。なんとなく県庁職員と言えば年収の高い高給取りのようなイメージがありますが、実際には警察事務とそれほど変わりません。もちろん賞与(ボーナス)についても例外ではありません。

 

一般的な公務員と同じレベルの給与水準になります。

 

警察事務専門学校・予備校比較ランキング

 

警察事務試験対策に対応している塾・スクール・専門学校・予備校のおすすめランキングです。是非、参考にしてみてください。

 

まずは資料請求

 

 

地方公務員試験に強いので警察事務・学校事務など行政職以外の合格実績にも優れています。生講義の通学、テキスト教材の通信どちらも魅力的です。

 

 

警察事務専用の講座はありませんが、対応可能です。通学・通信共に口コミ・評判が高い!

 

 

警察事務等の地方初級採用試験に力を入れている予備校の1つです。通学講座で警察事務試験対策のスクール選びならアビバは視野に入れておきたいところです。

 

 

短期合格を狙える資格対策の通信スクールです。公務員試験についても幅広く対応。

 

 

知名度が抜群に高い公務員専門学校の1つです。毎年数多くの警察事務試験合格者を輩出しています。

 

以上「警察事務の専門学校」でした。